年間手術件数NO1|年間300例のインプラント手術件数

最近インプラント治療の進歩は目覚しいものがあります。 しかしそのインプラント治療をすべておこなえる歯科医は数パーセントにも満たないことを知っておく必要があります。インプラントされた患者の10数年経過した間には10数パーセントの人たちにいろいろな影響が出てきます。それに対処するには数多くの経験が必要であります。それも迅速に対処しなければなりません。 当医院では25年の経験を生かした、すばやい対応をしています。経年的には顎骨は痩せてきますし、歯肉は退化してきます。いかにしっかりしたケアーをするにしても同じ状態であることは非常に難しいことであります。でもインプラントは入れ歯では味わえないようなすばらしさを感じ取るとこができます。何でも噛めるのは本当です。 インプラント治療で悩んでおられたら一度当医院にご相談ください。 あなたの悩みは解決されると思います。

神戸インプラントセンター 院長 小林文夫

新着情報

バックナンバー

新着ブログ

近年インプラント治療は成熟した感があり、今は再生医療を中心としてその評価が問われる時期となっています。 当医院ではより長期に安定したインプラント治療を心掛けていますが、必ずしも再生医療を取り入れることではありません。今のインプラント治療の安全で、長期に安定する治療法を患者さんと話し合いなが...続き

バックナンバー

小林歯科医院インプラント症例実績

「当院のインプラント治療はずべて10年保証です」

  2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年
全症例数 275例 297例 273例 318例 320例 320例 265例
インプラント本数 356本 376本 425本 498本 498本 485本 356本
一般症例 237例 248例 208例 278例 280例 298例 239例
サイナスリフト 38例 49例 65例 40例 40例 22例 26例

インプラント症例集では、豊富な実績から厳選した治療例を術前・術中から術後(レントゲンつき)でご確認いただけます。
ご自身の症状と照らし合わせ、治療後どのような状態になるかイメージしてみましょう。

バックナンバー

インプラント治療の流れ

インプラントをする前に

インプラント手術が終わったら

インプラント後時間が経過したら


バックナンバー

ページの上部へ